求める人材像|フランチャイズなら、カーシェアリングのアースカー

earthcar 独立・副業・新規事業をお考えの方へ

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6812-2288 受付時間:9:30~18:00(土日祝除く)

ビジネス成功のヒントはここに。先輩オーナー体験談

アースカー・オーナーに必要な資質

アースカー・オーナーとしてビジネスを軌道に乗せている方々には共通する資質があります。これらの資質があなたにもありますか?ご自身を見つめ直してみるのはいかがでしょうか?

●約束を守る
●時間を守る
●事業主としての高い意識を持つ

どれも社会人としてあたりまえに必要とされる資質ですね。会員や本部との信頼関係を築くことが、このビジネスを成功させるための最低限の要因になることは言うまでもありません。自身の売上だけでなく、会員の幸せとは何なのか、どうしたらもっと満足してもらえるか。こうした意識が、ビジネス発展の秘訣になるはずです。

▲ページの先頭へ

開業タイプ別メリット・デメリット

副業タイプ

■メリット
主に本業の休日や帰宅後のわずかな時間を利用して小さく始められる/開業資金が小さく、リスクが小さい

■デメリット
平日の簡易メンテナンスがやりづらい/突発的なアクシデントが起きた際、本部対応に頼るしかない

■こんな経営スタイルがおすすめ
台数を少なく自分の手の届く範囲でスタートする/ご家族など経営パートナーをつける

個人事業主タイプ

■メリット
毎日の車両メンテナンスなど日常業務の手をかけやすい/会員獲得活動に時間を割くことができる

■デメリット
収益確保のために会員利用率を上げる工夫が必要/クルマに修理が必要な時など、収入が途絶えるリスクがある

■こんな経営スタイルがおすすめ
複数台からのスタートで収入源を確保/宣伝活動など積極的に行っていく

新規事業タイプ

■メリット
事業の第二第三の柱として計算が立ちやすい/既存事業の顧客を会員にできる

■デメリット
複数台のスタートが必要で、初期費用がかかる/駐車場代など諸経費がかかりやすい

■こんな経営スタイルがおすすめ
長期視野での経営を行う/クルマを自社営業車と併用していく

▲ページの先頭へ

先輩レポート

  • 森藤オーナー
  • 橋田オーナー

企業役員/森藤オーナー 副業としてスタート
独立経験の無い私にも、はじめやすいビジネスだと思いました。

私は長く航空関係の仕事に携わっていたので、それまで独立とは無縁でした。海外でも流行っているカーシェアをなんとなく調べているうちにアースカーに出会い、FCかつ副業感覚で出来るのであれば、ぜひ始めてみたいと思ったのです。
ちょうどその頃、前職の顧問に就いていたので、自分の時間を優先させながら副業できるビジネスは最適でしたし、ビジネスの内容が独立未経験の私にも始めやすいものだったのも大きいです。この事業は難しい知識もいらずメンテナンスにも時間がかからないので、ゆっくり生活しながらできています。
売上が思うように伸びなければ、駐車場の位置を変えたり集中して会員獲得・リピートの仕掛けを考えたりしますが、それがまた楽しいんですね。
今は基本を徹底し、新規会員を増やす段階ですね。奇をてらうよりメール・折込チラシなど地道な活動が一番だと思います。会員獲得キャンペーンで1位を獲得したこともあります。
「シェア」という新しい価値観にマッチしたこのビジネスは、長い目で見てもいいビジネスだと思いますね。

▲ページの先頭へ

企業経営者/橋田オーナー 新規事業としてスタート
スキマ時間×低投資でアイデアが試せるのが魅力ですね。

もともと店舗プロデュースなどの会社を経営していました。そんな中成功パターンも見え、自らも飲食店経営に乗り出しました。
現在ではグループ総数100名を超える規模の経営を行っています。その中で次の事業をと考えた時、既存事業に資金も時間もかかるため、スキマ時間かつ低投資、アイデア次第で勝負できる仕事をと、出会ったのがアースカーだったのです。
このFCに非常に興味を持ったのは、管理システム。会員がネットで登録・予約しカードキーでクルマを動かせる。この画期的なシステムがどうなっているのか知りたいと思い、研修でレクチャーしていただき、非常に分かりやすかったのを覚えています。
アースカーの勝負ポイントは企画力だと思います。もちろん価格を安くするだけではダメで、様々なアイデアを低投資で試すことが重要だと思いますね、もちろん私の秘訣はここでは語れないですが(笑)。
現在4台で色々な企画を試行錯誤しながら安定基盤を作って仕組化している段階ですね。自分でもクルマを利用しますので、使い終わったらその場でメンテナンスを行い、管理している感覚はあまりないです。
これから始めようとしている人は、本部に任せっきりにするのではなく、自らアイデアをカタチにしていく努力をされたらいいと思います。

▲ページの先頭へ

資料請求はこちら

メールでのお問い合わせ

資料請求はこちら

メールでのお問い合わせ